So-net無料ブログ作成
検索選択

痛風その3尿をアルカリ性にして尿酸の排出を促す [痛風]

今回は出来てしまった尿酸を排出することを考えてみる


ビールを飲んでどんなに小便をしても、酸性食品ばかりの人は酸性の小便で、
あまり尿酸は排出されません。
一方アルカリ性の食品は小便をアルカリ性にしてくれます。ここからが大事なとこで
尿酸はアルカリ性のおしっこに溶けて排出されます

尿をアルカリ性にして尿酸の排出を促すために野菜果物をとっていくことが大事なのです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

おせち料理の起源 [おせち料理]

物事の変わり目を節目とよぶように
もともとは季節の変わり目の節句(節供)に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と呼んでいましたが 節句の中でも、もっとも重要な節目の正月料理を「おせち料理」と呼ぶようになりました。 おせち料理は元々はお正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。ですから、五穀豊穣、家族の安全、健康、子孫繁栄の祈りを込め、海の幸、山の幸をふんだんに使った料理が供されます。神様にお供えしたのが起源なんで、1年で1番大きなお供え物なのですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

甘酒の効用 [甘酒]


ダイエット健康に、美容にも良いとされている、甘酒の紹介です。
甘酒の起源は古墳時代にさかのぼる。『日本書紀』に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)に関する記述がある。
江戸時代には夏に、「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」などの文句で行商も多く、俳句において夏の季語となっている。夏に飲む場合は夏バテを防ぐ意味合いもあり、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」として、江戸時代には夏の風物詩だったそうです。
甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれている。これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と言われています。
マクロビオティックでは砂糖の代わりに甘味料として使われることが多いようです。
美肌効果】
麹には、美肌成分のコウジ酸が豊富に含まれています。このコウジ酸は、シミの原因となる過剰なメラニン生成を抑えてシミやくすみを防いでくれる効果があります。また甘酒には、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB2が多く含まれていますので、飲むだけで、皮膚を活性化してくれる効果が期待できます。
強い日差しなどで、ダメージを受けた髪や頭皮に効果あり。コウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪を作ると言われています。

【ダイエット】
米麹甘酒は、100gで81キロカロリーとローカロリーフードです。甘酒には脂質の代謝を促進する、ビタミンB郡が豊富に含まれています。マウスに甘酒を与えて2週間飼育をした所、甘酒を摂取しないマウスに比べて、体重増加量と血清中性脂肪の濃度が抑制され、その効果は甘酒に含まれているビタミンB郡が豊富であるからではないのかとの実験結果の報告があります。
実際、紫吹淳さんのマネージャーは、レギンス入浴+間食を甘酒にすることで、2ヶ月で10kg痩せました。

疲労回復
食事をした時に効率よく身体に栄養を取り込む事を助け、大量に含まれているブドウ糖、消化吸収を助ける消化酵素、エネルギーを効率よく転換するビタミンB郡により、復を強力にサポートしてくれます。
【便通に】
甘酒に含まれている麹由来の食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる効果があります。
身体に負担のない方法で、改善されたら嬉しいものですね。

甘酒の飲み方
甘酒は、熱めても、冷めても美味しく頂けますが、加熱をするとビタミンと酵素を失います。そのまま飲むことをおすすめします。甘酒がニガテという方には、生姜や豆乳で割るとおいしく頂けますよ。
タグ:美容 甘酒 便秘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

福岡の小学生バスケットボール [話題のネタ]

あまりにも話題になってる福岡の小学生バスケットボールの映像です
最後の2秒 一瞬とちらが勝ったのかわからなくなります
そのあとは皆興奮状態です
https://www.youtube.com/watch?v=sOT1dokFhIY
うちの子もこんな元気に育ってもらいたいものです

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ほうれん草の効用 [食物の効用(野菜編)]

ほうれん草

ビタミンミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。

ほうれん草の代表的な栄養素と言えば鉄分とβ(ベータ)-カロチン。鉄分は100g中3.7mgとほぼ牛レバーに匹敵するほど含まれており、貧血防止に、虚弱体質の人に有効である。β-カロチンは、抗酸化作用により活性酸素の働きを抑制、ガンの予防のほか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できる。 またほうれん草には、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)を排泄し、高血圧を防ぐ効果があるカリウムや、便秘の改善、糖尿病の予防に効果的な食物繊維も多く含まれている。

100gあたり

エネルギー 23kcal, 炭水化物3.63 g, 鉄分3.5mg, β-カロチンが5,200μg,食物繊維が3.5g,カリウムが740mg,カルシウムが55m

先のように栄養満点であるほうれん草。世界的に人気キャラクターであるポパイが、食べると超人的パワーを発揮する。この栄養なら納得できるな!!。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

登山のもたらす効用 [登山]

P1010094.JPG現代社会では、日常において自分の力ですべてやり遂げる作業がはぼ無いに等しい
勤めていれば、仕事は数人から数百人でやるのがふつうであるし、皆で1つのことを達成することは素晴らしいことであるが、組織が大きければ大きい程、その中の個人は全体を把握しずらく、自分を組織の中の一部としか認識できない。
毎日達成感を持つことなど無理な話
そんな私たちができることは何でしょうか
達成感がえられるよう事とは?
それは、1から10まで自分で完結できることなのです
具体的には、数時間で完成する料理を作る ー 出来た料理を見ると自信と達成感がわきます
半日で登って、降りてこられる山に登るーさっき上った山を見ると達成感がわきます
そんな小さいことですが鬱っぽい時には結構効果があります!
小学生で遠足に上った山などは、大人だと最低一~二時間で登って降りてこれます。
そんな小さな山登りも気分転換におすすめですよ

タグ: 山登り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

松浦輝夫(登山家) [登山]

<訃報>松浦輝夫さん81歳=植村さんとエベレスト初登頂
http://mainichi.jp/select/news/20151108k0000m040034000c.html
植村さん、松浦さん  登山家にあこがれてた中高制時代が懐かしい
k2西稜からの初登攀、歴史的快挙です。
心よりご冥福お祈り申し上げます



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

痛風その2 [痛風]

痛風改善には
1 尿酸の原因になるプリン体の過剰摂取を減らす
2 出来てしまった尿酸を排出する
この2つを実行しなければならない
今回は1について実践してることを紹介させていただきます
まずプリン体の過剰摂取を減らすには、プリン体の正体が重要になってきます
プリン体の正体
ズハリ  旨み 
鍋の汁 ラーメンの汁などに多く含まれ、多く含まれるものほどおいしいのです
プリン体は美味しいものに多く含まれます。

食品中の100グラム当たりのプリン体含有量[1]
種別 mg
肉類 鶏肉のレバー 312
牛肉のレバー 219
鶏もも肉 122
魚介類 煮干し 746
カツオ 211
クルマエビ 195
野菜・穀物 マイタケ 98.5
大豆 172
納豆 113

管理人自身は
プリン体の多い食事のときはビールを減らしワインにする
ラーメン 鍋 のお汁には手を付けない(雑炊が食べられないのは酷です)
の2点をすぐ実行しました。

勿論毎日水を心がけて飲むことも忘れずに


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

痛風その1 [痛風]

その日は、何の前触れもなく、いきなりやってきます
個人差もあると思いますが、私の場合は、ある日親指の付け根がなんか?
違和感と鈍痛
激痛ではありませんが、なんか嫌な感じです
勿論その日からビール断ちです。
痛風の原因は何なのか その日から研究しました
答え 尿酸
世の中でプリン体 プリン体 プリン体 と叫ばれてますがプリン体は直接の原因ではありません
直接の原因は尿酸過多です。
プリン体が悪ものみたいに取り上げられるのはプリン体が尿酸を作り出すからです
痛風改善には
1 尿酸の原因になるプリン体の過剰摂取を減らす
2 出来てしまった尿酸を排出する

2へ続く

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お水飲んでますか [朝1杯の水は命の水]

P1010084.JPGどんな水を飲むのが日本人に向いてるのだろうか?
やっぱり日本の水が一番おいしいと思う。だが一つだけ欠点がある
カルシウムがほぼ含まれてないのです。
水を買うとき横の成分表示を見ている人はなかなか少ないと思う。
ヨーロッパの水にはカルシウムの多い水がたくさんある。なぜなんでしょう、それは、ヨーロッパの台地は石灰岩を多く含んでいるためだ、また、そのカルシウムの多い水で飼育された家畜もまたカルシウムを多く含んだ肉になるのです。
日本は火山性の土壌が多くを占めれるのでほぼカルシウムを含んでいないのです。
昔から日本人はたんぱく質骨格はしっかりできているが、骨の中はカルシウム不足でスカスカと言われてきたのは水の問題がある。カルシウムの摂取に水にこだわってみるのもおもしろいですよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。